妊娠中にできたシミ、美白ケアはどうすればいい?

 

妊娠中のシミ対策

妊娠中のシミ対策は「やさしい」美白コスメで行おう

 

ホルモンバランスの影響から、シミができやすい妊娠中。
でも、敏感な時期だからこそ、刺激の強い美白クリームなどは避けたいものですよね。

 

妊婦さんでも安心して使える、お肌に優しい美白化粧品やシミケアの方法を紹介しています。


 

妊娠中でも安心のシミ対策 プレママにぴったりの化粧品・サプリ特集

サエル

敏感肌のために開発された「肌に優しい美白化粧品」【サエル】

 

安心して美白を実感したい妊娠中におすすめの美白シリーズのトライアルセット。
アルコールや香料、紫外線吸収剤といった肌刺激の元を使わずに作られた基礎化粧品です。

 

天然植物の成分がメラニンの元を防ぎ、黒くなりはじめた肌の酸化を食い止めます。

 

decencia サエル 【初回限定 10日間お試しセット 1,480円 】 詳しくはこちらsa

 

ロスミンローヤル

内側からのケアに「シミ・小ジワ対策」の医薬品

 

出来てしまったシミ・そばかす、小ジワに働きかける第3種医薬品「ロスミンローヤル」。
生薬の力で乱れてしまった肌のターンオーバー(生まれ変わり)を整えます

 

効能の1つには「妊娠・授乳期の栄養補給」も。
産後に感じやすい肌の老けを内側から防ぐのにぴったりのお薬です。
※医薬品のため、妊娠中は念のためかかりつけのドクターにご相談くださいね。

 

初回半額!\小ジワ・シミに/<ロスミンローヤル>r

妊娠中の肌ははシミが増えやすい | 化粧品は何を選ぶ?

 

妊婦さんのシミ対策

妊娠中は体がこれまでにないような変化を起こしている時期でもあります。
女性はただでさえ月経があり、女性ホルモンの変化に気分が一喜一憂するだけでなく、体調不良や肌への変化も感じたことがある方が多いのではないでしょうか。
妊婦さんは悪阻やむくみ、便秘、貧血など体のトラブルも抱えてしまいがちですが、その上、お肌の面でもシミ・そばかすができやすくなったり、ニキビが出来てしまったりといったことがあります。
シミというと、紫外線の影響でメラニン色素が沈着してしまったりしてできるもの、と思いがちですが、実は女性ホルモンによってもシミの原因であるメラノサイトは活発になってしまいます。
そのため、妊娠中にシミやそばかすが増えてしまうというわけです。
妊娠中にできたシミは、産後、自然におさまることも多いですが、妊婦さんは紫外線にも敏感であり、シミが定着してしまう場合もあります。
そのため、妊娠中からしっかり美白対策しておくことで産後のお肌の状態が変わってきます。
美白化粧品と言っても様々なものがあり、特に美白化粧品に入っていることの多い有効成分「ハイドロキノン」や「紫外線吸収剤」などは人によっては刺激が強いため、普段に比べ敏感な妊娠中は特に注意する必要があります。
その他、基礎化粧品に入っている成分でアルコールや香料なども人によっては敏感に反応する場合があります。
今までは普通に使えていたコスメも、妊娠してしみたり刺激を感じることがありますから、初めて遣う化粧品は必ず様子を見るようにしましょう。
ら肌に優しい化粧品と言っても反応の度合いは人それぞれ。お試しセットなどのある化粧品から試して、ご自分の肌に合うかどうかを感じてから本格的にケアをするのが良いでしょう。


 

美白関連おすすめサイト

更新履歴